駐妻みんとの陽だまり喫茶

元仕事人間。30代子なし、新興国での駐在3年目。

私のプロフィール・このブログについて

こんにちは、みんと@mint_letitbe です。

このブログへお立ち寄りくださり、ありがとうございます。

自己紹介

f:id:mint_letitbe:20190310190617p:plain

私は、新興国(2か国目)に暮らす30代の専業主婦です。

元々、大の仕事人間で、海外勤務の夫との結婚をきっかけに会社を辞め、その後すぐに駐妻生活を始めました。この生活も3年目になります。

 

夫は激務で出張が重なり、一人で夕食を採ることも多く、当初は孤独感でいっぱいでした。

また、日本にいた頃は忙しい会社生活を通じ「誰かの役に立てているという自分なりの手ごたえ」や「昨日より成長しているという実感」を持つことが出来ていたのですが、その拠り所を急に失ってしまったことも、私にはとてもこたえました。

夫に養ってもらっていることに負い目を感じ、本来とても好きだった事、例えば、外に出かけて喫茶店でゆっくりしたり、こまごました雑貨を探したり、美術館に出かけたり…仕事をしていた頃なら気兼ねなく出来ていたことに、いつの間にか心が向かなくなっていました。

初めて駐在したその国は日本人が800人ほどしかいない国。同じ会社から駐在している人もなく、友人はゼロでした(そんな状況ですから、夫は私以上に大変だったと思います)

夜は眠れず、暗闇のなかで「早く日本に帰りたい」と毎日のように涙を流していました。明日もまた朝がやって来るのかと思うと、辛くて、辛くて…

海外生活は初めてではないし(学生時代に1年留学していた)、全て覚悟はした上での選択だったのに、自分は割と打たれ強い性格と思っていたのに、見事に心は蝕まれていきました。

そんな状況に陥っている自分も不甲斐なくて…

www.upgrading-skills.com

そんな心折れまくりの日々に、ひとすじの光が射しました。

ちかさん(仮名)との出会いです。

夫の大学時代の先輩の小学校の同級生、という奇跡的な繋がり方でしたが、徒歩20分と家も近く、初めてお会いした時からちかさんは本当に優しくしてくれました。

その日、どんなに自分の心が温まったかを思い出すと、今も泣いてしまう。

ちかさんはこの記事にも登場します。

www.upgrading-skills.com

ちかさんは、役立つ情報を教えてくれたり、様々な場所に連れ出してくれたりといった物理的な支援だけでなく、元気を無くし家に閉じこもっていた私を、いつも励ましてくれました。

かつてちかさん自身もそうだったこと、夫婦喧嘩で旦那さんに投げかけられた言葉に傷ついて家出しようとしたけど行くあてもなかったこと。

そんな過去も明かしながら、もっと堂々としていいんだよ、私たちが元気で楽しそうにしていなくちゃ。今という時間を楽しもう。と言ってくれました。(贅沢をしよう、ということではなくて、です。)

嬉しかった…。

この時から、私は少しずつ前を向くことが出来るようになりました。

このブログを通して、私は誰かの「ちかさん」になりたい

暗い日々を送っていたあの頃の私に向けて、文章を書いているような気がします。

なんでも話せる、ちかさんとの血の通った友情に、私は救われました。

今度は私が、地球のどこかで悩む誰かの心を、ほんの少しでも、照らすことが出来たら。

このブログを通して、巡り巡って、ちかさんへ恩返しをしたい。

そんな思いで2019年1月、このブログを立ち上げました。

ブログについて

☆今住んでいる国についての個別の情報については触れません。それよりは、自分の経験をより抽象化して整理することで、より多くの方にとってのヒントになると考えるからです。

☆一方で、自分の内面的なことについては、かなり具体的に記しています。現実世界の友人関係ではなかなか言いづらいようなこともここでは素直に描いていきます(ダメダメだった生活とか、様々な葛藤など)

☆人間関係や孤独との付き合い方のほかにも、以下のようなトピックスを扱っていきます。

 ー 駐妻生活をごきげんにするコツ、"駐妻初めてさん"がやっておくといいことについて

 ー 少しずつ元気になるにつれ取り組んできたスキルアップ(社労士や英語など)

 ー 読んで為になった本について

 ー  超初心者のブログ立ち上げ・運営について

☆記事は「サイトマップ※」から探して頂くと、一覧性があって、わかりやすいです。

 ( ※パソコン:トップページのタイトル下、スマホ:トップページを開いて上部右に表示される「三」をクリック頂き、上から2番目の項目です)

 おわりに

ちかさんが私にとっての「陽だまり」だったように、このブログも、読んだら気持ちがじんわりと温かくなるような場所にしたいと願っています。

 

まだ1つ1つの記事に書くのに時間がかかっていて、更新は遅いですが…

どうぞ寛いで、ゆっくりしていらしてくださいね。

コメントも、お待ちしています。大切にお返事させていただきます。