駐妻みんとの陽だまり喫茶

元仕事人間、30代、新興国での駐在3年目。

【無駄の回避】社労士一発合格したいなら、これはやっちゃダメ!の経験談5つ【2019年度最新版】

2018年度社労士試験を無事に一発合格しました。が。

初学かつ、海外在住で周りに相談相手もいなかったので、今振り返ると、回り道だったこと、無駄だったことが沢山ありました…。

これから受験する方に同じ轍を踏んで欲しくない。

今回の記事では、これはやっちゃダメ!だった私の体験談を5つ、ご紹介します。

 

 

▼合格したいならこれはやっちゃダメ!

f:id:mint_letitbe:20190127190056j:plain

ダメ①勉強を中断する

社労士合格を目指す!と決めたら、「勉強しない日」は可能な限り作らないことをお勧めします。

私はTACの総合本科生の講座を2017年9月に受講開始し、9か月間の勉強で、2018年8月の社労士試験に合格しました。

計算合わなくね?9月から始めたなら勉強期間は12か月のはず。

するどいねえ・・・・

そうなんです、受験期間のなかで2.5か月~3か月、全く勉強しない期間を作ってしまいました。

 

実家でかわいがってきた愛犬の悪性リンパ腫が判り、一時帰国するまで気もそぞろになってしまったんです(つきっきりで世話をする母のことも心配でした)。

その子が他界した後もしばらく落ち込み、日常の家事を除き、何も出来なくなってしまいました。

こうして、合計3か月のブランクが出来てしまいました。

 

そこまで日が経ってしまうと、9月~11月で積み上げていた労基法・安衛法・労災の知識はほぼ抜けてしまい、2月から実質仕切り直しでした。

ゼロからどころか、マイナスからのスタートで、取り戻すのが非常に大変でした…

 

こんなにブランクを作ってしまう人はいないかと思いますが、「"なんとなく"勉強しなくなる」というのは一番もったいないです。

取り戻すのはとても大変なので、覚悟を決めたら、どうか、最後までやり遂げて下さい。

 

ダメ②勉強時間のログを取る

勉強を始めてすぐの頃、勉強時間のログを取っていたのですが、はっきり言って無駄でした。

 

社労士試験に挑む前に「社労士 勉強時間 合格」と検索して1000~1500時間と出てきたのを鵜呑みにし、1か月あたり〇〇時間!と到達目標を立て、日々達成時間の進捗管理をしていたんですよね。

意味がない+面倒くさいのダブルパンチで、すぐに辞めました。

 

それよりは、やるべきことを小さなタスクに細分化して、そのタスクの進捗管理にフォーカスしたほうが合理的でした。

 

総勉強時間というのは結果論であって、必要なタスクを洗い出し、それを忠実にこなしていけば、必要時間数には自然と達します。

 

ダメ③まとめノートを作る

社労士試験には、丁寧なまとめノートは不要です。

試験範囲が膨大で、ノートなんか作っていたら永遠に終わりません。

 

私はこれまで何か勉強をするときは、何かとまとめノートを作ってきたので、社労士試験を始めてすぐの頃も、ほぼ何も考えずに講義のまとめを書きつけていました。

 

だけどこれが時間かかる… 

そして、手が疲れる…

早いうちに諦めて、教科書に情報を集約するスタイルを採用したら、一気にスピードが上がりました。

 

まとめノートの代わりに、以下のものを作りました。

☆2回転目~:横断まとめを200枚ほど作った(コクヨのB6サイズの情報カード)

☆直前期:A4シートに各科目ごとのキーワード書きつける

☆直前期:A4シートに何度も間違えた問題を書きつける

↓こちらの記事に詳しく書いています

www.upgrading-skills.com

ダメ④横断整理を他力に頼る

横断整理はぜひ自力で…!

初めのうちは要領もわからないので本に頼りがちなのですが、自分で頭を動かして自分の手でやることをお勧めします。

 

私は当初、教科書同様に、横断整理本に書き込んで情報集約していこうと考えたのですが、所詮、他の人が作ったもの。脳に全く入ってきませんでした…

 

それに、どこかの段階で「もっとこういうポイントでまとめたほうが覚えやすいのに」「こういう視点でまとめてみたい」というのが出てきます。

自分でやれば、自分の脳が覚えやすいように好きに書けます。

 

B6サイズの情報カード(片手で持ってパラパラめくれるサイズ)を使ってまとめておくと、検索性や携帯性も高まるのでおすすめします。

 

ダメ⑤最初から100%理解しようとする

 

多少ピンボケでもいいので、まずは全教科の1回転目コンプリートを目指して先に進みましょう。

2回転目からが勉強の本番です。

 

私の1回転目は、ひとつひとつ完璧主義で進めてしまって、次の科目になかなか辿り着けず、その間に、記憶もどんどん失われていきました。

 

まだ理解出来ていない箇所にはテキストに付箋をしておき、心を鬼にして先に進みましょう。

 

他の教科を終えてからまた戻ってくれば大丈夫です。

 

 ▼まとめ

・社労士受験を覚悟したら、途中ブランクを作らないようにする。ゼロどころか後退してしまう

・勉強時間のログをとるのはムダ。それよりも日々のタスクにコミットする

・まとめノートを作るくらいなら、教科書に情報を集約する

・横断整理は自分の頭と手を使おう、そのほうがずっと記憶に残る

・最初に100%理解することは無理なので、ピンぼけでも先に進もう

今回の記事はいかがでしたか?

社労士試験に関する記事や、駐妻生活がちょっぴりごきげんになるような記事を書いています。(時々、日常のことも)

読者登録してもらうと更新の励みになりますのでよろしくお願いします。
Twitter@mint_letitbe もぜひフォローください。つながりましょう~!

 

あわせてよみたい

www.upgrading-skills.com

www.upgrading-skills.com