駐妻みんとの陽だまり喫茶

元仕事人間。30代子なし、新興国での駐在3年目。

いつか来る帰国の日までにパワーアップ。稼ぐ力を磨こう!

ビザの関係で外で働けない・お子さんがいないなどで、日々のスケジュールに時間的な余裕がある駐妻さんは多くいらっしゃると思います。

一日、どんな風に時間を使っていますか?

先日始めたばかりのtwitterで目にしたKUMAPさん(@kumapadsense )のツイートに、ドキッとしました。

KUMAPさんの文脈からはややずれるかも知れませんが。

自身の経験から、駐妻さんは特に、本来「稼ぐ力>お金」のところがついつい逆転してしまいがちだな・・・と思い当たるところがあって。

「稼ぐ力>お金」ということを、自分事として捉え、今回の記事を書きました。

 

▼稼ぐ力は大切。

f:id:mint_letitbe:20190116143807j:plain

▽稼ぐ力とは

駐妻生活でもキャリアを継続している方や手に職をお持ちの方もいれば、私のように、現段階では明確な武器がない方もいる。

どんな方法であれ、夫に頼らず自分で「稼ぐ」力。

この力を磨いていけば、大きなメリットが得られます。

  • 自分に自信がつく
  • 将来への不安が緩和される
  • パートナーとの人生設計が、より自由になる

3つ目は特に重要。私たちが稼ぐ力を蓄えていけば、オーバーワークで消耗している旦那さんが、本来望んでいた新しい道を選ぶことができる。

旦那さんが、新しいスキルを身につけるために時間を投ずることも、少し立ち止まって休息することだって、できます。

 

▽稼ぐ力=自分の財産となって残るもの

自分なりの解釈です。投資に似ていると思う。

  • 長い目でじっくりと育てていくもの
  • 一朝一夕では身に付かないから、時間の投資が必要
  • レバレッジが利くので早く始めたほうが有利

▼稼ぐ力>目先のお金

▽駐妻のジレンマ

よし、それじゃあ主婦も稼ごう!となったところで。

駐妻は、海外に暮らしているがゆえの制約が沢山ありますよね。

  • 日本の銀行口座は凍結せねばならない(多くの銀行の公式見解では)
  • 投資が出来ない
  • NISAや積み立てNISAが出来ない
  • ふるさと納税の恩恵が受けられない

唯一出来るのは、日本で勤めていた頃に加入していた401K(企業型確定拠出年金)をiDeco(個人型確定拠出年金)へ移管し、運用指図で継続することくらい。

 

あとは、現地の銀行の金利が良ければ、資産を預けてみることくらいですよね。但し、現地の銀行口座開設は、現地で就労している人の給与口座としての開設しか認められていない国も多いかと思うので、これもなかなかハードル高い。

そうなると、だんだん焦ってくるんですよね…

▽駐妻が陥りがちな、時間の切り売り

私が駐妻生活を開始してすぐの頃は、まさに上記の状態。

何かやらなくては、と思って飛びついたのはこの2つでした。

  1. アンケートサイトに複数登録して毎日コミット
  2. クラウドワークス・ランサーズに登録して入力タスク

2.は、本当は、得意なエクセルやパワーポイントを使っての資料作成がしたかったけれど、なかなかそういった仕事は見つかりませんでした。

ウェブデザインやイラスト、ライターなど手に職がある方ならともかく、中途半端なスキルしか持たない私に来る募集案件は、来る日も来る日も、タスク案件ばかり。

 

1も2もどちらも、時間ばかりかかるのに、頂ける報酬はすずめの涙ほど。

報酬の低さ以上に、「時間を切り売りしている」自分、「夫にこんな仕事をしていると胸を張って言えない」自分に気が付いて、早めに退散しました。

 

この沼はなかなかどうして、深かった…。ハマってしまうと、抜け出せなくなる方もいるんじゃないかと思う。

▽日常的に取り組んでいることを点検してみよう

時間搾取の沼から、一刻でも早く抜け出すために、今現在、すきま時間に取り組んでいることを、以下の4象限にプロットしてみましょう。 

 

f:id:mint_letitbe:20190116143804j:plain

いずれ財産になる①②に多く集まるほど安心。

ちなみに私はこんな感じでした。

f:id:mint_letitbe:20190116143801j:plain

始めは④に時間を投じていたけど、①②へだんだんとシフトするようになりました。

今でも、よくよく意識しないと④の罠にはまることがある。時々、自分自身で点検してみることがとても大切です。

③については、今の論点からずれてしまうので詳しくは触れません。ただ、時間をかけずに安心してお金を得る仕組みを作れるなら、①②をやった後の余った時間で取り組む価値はあると思う(また別の記事で詳しく書きたいと思います)

 

▼いつか来る帰国の日。パワーアップした自分を想像しよう

 「稼ぐ力」としていずれ財産となることは、多くの場合、時間がかかります。淡々と、コツコツと、続けていくことがリスクヘッジになる。

わかっちゃいても、モチベーションが湧かないときだってありますよね。そんな時は、いつか来たる帰国の日、うんとパワーアップした自分を想像しましょう。

 

時間があるということは何よりも価値のあること。

胸を張って、自分のため・家族のため、稼ぐスキルを一緒に高めていきましょうね。

 

今回の記事はいかがでしたか?

駐妻生活がちょっぴりごきげんになるような記事を書いています。(時々、日常のことも)

読者登録してもらうと更新の励みになりますのでよろしくお願いします。
Twitter@mint_letitbe もぜひフォローください。つながりましょう~!

 

あわせてよみたい

www.upgrading-skills.com