駐妻みんとの陽だまり喫茶

元仕事人間、30代、新興国での駐在3年目。

海外で病院に行く時の持ち物は?忘れがちな7つのチェックリスト

海外で急に病院に行くことになったら。

どんな持ち物が必要か、ぱっと思いつくでしょうか?

日本にいるときには決して必要ないものもあるから、つい忘れ物して、また取りに戻る羽目になるんですよね…。

 自分の備忘録として、本記事に詳しくまとめましたので、よろしければご覧ください。

【この記事はこんな人におすすめ】

・駐在員・駐在家族だけど、現地の病院に行くことになり、持ち物がわからず困ってる

・海外旅行先での備えに参考にしたい

------

 

 

▼身分証明のためのもの

①パスポート・レジデンスカード

日本での身分証明は健康保険証の提示でOKだけど、ここは海外。

身分証明は基本的にはパスポートになります。

レジデンスカードが発行されてる方は合わせて持参しましょう。

 

f:id:mint_letitbe:20190402181319j:plain

▼支払いのためのもの

②加入している保険のカード

③会社の名刺(旦那さんの会社の名刺)

④クレジットカード

【(駐在員の勤務する)会社の医療保険を使って支払いをする場合】

②③④は全て必要になります。

③は、病院から保険会社へ治療費を請求する際、加入している会社名・会社の住所を知らせる必要があるため。

④は、デポジットとしてあらかじめ病院にカード情報を預けておくため。

保険適用外だった場合には、病院からカード会社宛に請求が来ます。

もし、日本で発行されたカードしか手持ちが無ければ、念のため複数枚持参することをおすすめします。

 

【個人で加入している海外旅行保険を使って支払いをする場合】

基本的には上記同様②③④でOKですが、各保険の請求案内に従って下さい。

⑤現金多め

歯科治療や婦人科での診察など、あらかじめ保険適用されないことがわかっている診療であれば、現金も多めに持参しましょう。

▼コミュニケーションのためのもの

⑥電子手帳

日本語通訳の方がいればいいですが、多くの場合、医師とは英語でのコミュニケーションになります。

 

最低限、必要になりそうな英単語はあらかじめ調べてメモしておくことをお勧めします。

その上で、当日のお守りとして電子手帳を持参すると安心ですよ。

発音に自信がないときはそのまま画面を指差しすれば意思疎通がとれます。

 

あと、こちらの本は医療従事の方向けですが、患者の立場でも参考になります。

一冊持っておいて安心です。

<Amazon>


やさしい英語で外来診療〜聞きもらしのない問診のコツ

<楽天>


やさしい英語で外来診療 聞きもらしのない問診のコツ [ 安藤克利 ]

⑦おくすり手帳

意外なようですけど、おくすり手帳、海外でも役に立つんです…!

既往の症状で病院にかかる場合、日本で処方された薬名と量について聞かれることがありますが、おくすり手帳があれば一目瞭然。

海外で処方された薬もこの手帳に書き留めていけば、情報が一元化できますね。

 

以上、忘れ物に注意!な7つのチェックリストでした。

こちらもどうぞ

www.upgrading-skills.com

 今回の記事はいかがでしたか?

・駐妻生活が少しごきげんになるような記事を書いています。(時々、日常のことも)

 読者登録してもらうと更新の励みになりますのでよろしくお願いします。

・Twitter@mint_letitbe もぜひフォローください。つながりましょう~!