駐妻みんとの陽だまり喫茶

元仕事人間。30代子なし、新興国での駐在3年目。

駐在妻の自己啓発問題。海外にいても情報に乗り遅れないためには?

駐妻生活中、時間はあるけど日本の最新の情報からどんどん遠ざかっていくようで不安…そんな悩みを持つ方もいらっしゃると思います。

帰国の日はいつかやってくる。日本で浦島太郎状態になりたくないですよね‥。

今はオンライン環境が整ってさえいれば、海外に居たって最先端の情報に触れられるし、同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨できる、いい時代です。

以下ご紹介するのはいずれも、私が実生活で取り入れている/具体的に受講検討しているものです。

目的別、有料/無料でカテゴライズしているので、よかったら参考にしてください。

 それでは、レッツゴー!

 

▼教養やスキルを身に付けたい

f:id:mint_letitbe:20190211195947j:plain

▽無料:JMOOCで大学教授の講義を受けよう

JMOOC(ジェイムーク)とは、アメリカで2012年から始まったMOOC(Massive Open Online Course)の日本版。

おおざっぱにいえば、一般の人のために大学レベルの講義をオンライン上で公開しているサービスです。

登録者50万人以上、講座は140もあって、ジャンルはデザイン、人文、ビジネス、工学、科学など多岐に渡ります。

東京大学、東北大学、早稲田大学などその分野の一流の大学教授の講座を受講できるのが嬉しい。

出席やテストの点数などで一定の要件を満たせば終了証がもらえます。

▽無料:Youtubeで教養系のチャンネルを探してみよう

Youtubeってお笑い系やレビュー動画が多い印象かもしれません。

最近は教養系の良質なチャンネルが沢山あります。

 

アイロンをかけたり料理を作っている時って、耳がヒマではないですか?

 

そんなとき私が聞いているチャンネルは以下の2つ。いずれも、画面を観なくても、耳で聴くだけで内容が理解できる番組です。

イケハヤ大学 :超有名ブロガーのイケハヤさんの番組。英字新聞も含めた多様なソースからイケハヤさんが気になるニュースを簡潔に紹介してくれる「毎日ニュース」コーナーが好きです。

文学Youtuberベルさん :本や美術が好きな方にとってもお勧め。テンポがいいし、ベルさんの声も可愛い。

▽有料:資格学校のオンライン学習で欲しい資格を狙い撃ち

簿記や会計士、行政書士、社労士…狙っている資格があれば、資格学校のオンライン講座(動画や音声)で学習するのもすごくお勧めです。

時間は有限、どどーんとつぎ込める時に、取り組んでしまいましょう。

私は、TACクレアールの2つの学校のオンライン講座を活用して、社会保険労務士の試験に合格しました。
www.upgrading-skills.com

▽有料 :オンライン学習でプログラミングを学んでみる

個人的な話なのですが、2019年からこのブログを始めて、以前から興味のあったプログラミング(Webデザイン)の習得意欲がふつふつと湧いており…オンラインスクールのTech Academyを受講検討中。

集中して取り組みたい人向けの8週間ブラン~じっくり学びたい人向けの24週間プランと、緊急度に合わせて柔軟にプランが選べて、料金も20万~40万ほど。

TechAcademyはお試しとして1週間の無料体験ができます。

私も立ち上げたばかりのこのブログ運営が落ち着いてきたら、プログラミングの習得にチャレンジしたいと思っています。

▼話題の本や作家の話が聞きたい

▽有料:朝渋ONLINEで話題の本の著者の話を生で聴こう

朝渋ONLINEっていう、2019年1月にスタートしたばかりの有料オンラインサービスをご存知ですか?

2018年12月末に出版されて以来のベストセラー「メモの魔力」のSHOWROOM前田社長や、同じく大ヒットの「新世界」のキングコング西野さんなど、今一番ホットな著者の話を、リアルタイム配信の動画で観ることが出来るサービスです。

 

元々は渋谷界隈の会社員を中心に活動している朝活コミュニティー「朝渋」の人気コーナーだった「著者と語る読書会」が、地方や海外にいる人でも参加できるようオンラインでも配信されるようになりました。

  

動画は生配信のみで(日本時間の7時30分~9時)、アーカイブされないので、後から視聴することは出来ません。

不便だなと感じる方もいるかも知れませんが、時間帯があらかじめ決まっていることがこのサービスのポイント。

上手く活用すれば、生活リズムを整えることができます。

月額1,500円で以下のメリットが享受できるのは、お得だと思う。

 ・毎月4回以上「著者と語る読書会」トークイベントのLIVE配信
 ・毎週土曜朝「朝渋図書室」に参加

 

ちなみに私は、今住んでいる国の時差の関係上、参加を見送っています…(ちょうど毎朝の起床時間~朝ごはん~夫の送り出し、と一番忙しい時間に重なってるのです…)。

時差がちょうどいい国への転勤、または、日本への帰国が叶った暁には、絶対に参加したい。

▼価値観が共通する誰かと切磋琢磨したい

▽有料:SNS経由でオンラインサロンに入ってみる

オンラインサロンと言えば、イケハヤさんの脱社畜サロン、キングコング西野さんの西野亮廣エンタメ研究所などが特に有名かと思います。

TwitterやInstagramなどのSNSでは、一定の成果を上げているひとが、メンバーを募って様々なサロンを立ち上げています。

2~3か月と期間を限定したもの、facebookアカウントが不要なものもあって、私のような初心者にも優しいサロンがたくさん。

会費も1か月1,000円~とピンキリです。

 

私も2月から初めてオンラインサロンに参加しました。

メンバーの方との交流も密で、オーナーさんの温かな雰囲気がそのままサロンに反映されていて楽しい!詳細は、また追ってご紹介しますね。

▼さいごに

以上、たくさんご紹介しましたが、伝えたいのは

今は、やる気次第でなんとでもなる素晴らしい時代だなあ!ということです。

日本を離れているからこそ、自分の時間を作りやすい側面もあるかと思います。

一緒に、できることから取り組んでいきましょうね。

 

今回の記事はいかがでしたか?

駐妻生活が少しごきげんになるような記事を書いています。(時々、日常のことも)

読者登録してもらうと更新の励みになりますのでよろしくお願いします。

Twitter@mint_letitbe もぜひフォローください。つながりましょう~!

あわせてよみたい
www.upgrading-skills.com