駐妻みんとの陽だまり喫茶

元仕事人間。30代子なし、新興国での駐在3年目。

海外で病院に行く時の持ち物は?忘れがちな7つのチェックリスト

海外で急に病院に行くことになったら。

どんな持ち物が必要か、ぱっと思いつくでしょうか?

日本にいるときには決して必要ないものもあるから、つい忘れ物して、また取りに戻る羽目になるんですよね…。

 自分の備忘録として、本記事に詳しくまとめましたので、よろしければご覧ください。

【この記事はこんな人におすすめ】

・駐在員・駐在家族だけど、現地の病院に行くことになり、持ち物がわからず困ってる

・海外旅行先での備えに参考にしたい

------

  • ▼身分証明のためのもの
    • ①パスポート・レジデンスカード
  • ▼支払いのためのもの
    • ②加入している保険のカード
    • ③会社の名刺(旦那さんの会社の名刺)
    • ④クレジットカード
    • ⑤現金多め
  • ▼コミュニケーションのためのもの
    • ⑥電子手帳
    • ⑦おくすり手帳

 

続きを読む

楽天Rebatesを経由するだけ!飛行機・ホテル予約で楽天ポイントがもらえる

楽天Rebatesというサービスをご存知ですか?

下記を含む400点以上の公式ストアで普段通りお買い物するだけで、楽天スーパーポイントがもらえてしまうんです。

・H.I.S.やExpediaなどの飛行機・ホテル予約サイト

・三越や伊勢丹などデパートのウェブサイト

・ユニクロ公式サイトや、ベルメゾン、ディノスなどの通販

・Apple公式ストアや、Joshin、コジマなど家電量販店

・ORBISやDHCの公式ストアや、アットコスメ、iHerb

 

もらえる楽天ポイントは、購入金額×最大20%!(ストアや期間により異なります)

 

なにやら難しく聞こえるかもしれませんが、ポイント付与の条件は至ってシンプル。

楽天Rebatesサイトを通じて、普段お買い物しているサイトにアクセスし、いつも通り買い物するだけなんです。

 

私は楽天Rebatesを2018年12月から使い始めました。

普段通り買い物するだけで、自動的に、楽天ポイントが4000円分もらえました(ほくほく…!)

いつも使っているお店が大体カバーされているから、使い勝手も最高。

っていうか、もっと早く知りたかったよ…!

 

飛行機やホテル予約は一時帰国や旅行の際に必ず使うものだし、利用金額もそれなりに大きいですよね。

利用しない手はないサービスなので、楽天Rebates始めてみましょう。

 

まずはここから、サクッとアカウント登録しちゃいましょう ↓↓

楽天Rebates https://www.rebates.jp/referrer?referrerid=bpl%2B96XdGWg%3D

 

  •  ▼楽天Rebatesと楽天市場ってどう違うの?
  •  ▼楽天Rebates経由するだけでなぜ楽天ポイントがもらえるの?
  •  ▼実録!私が3か月でもらえた楽天ポイント
  • ▼写真付き!詳しい使い方
  • ▼キャンペーンで更に500ポイントもらえる…!

 

続きを読む

駐妻の一時帰国シリーズ ヤマトの空港宅急便でらくらく帰省

ヤマト運輸の空港宅急便ってご存知ですか?

重たいスーツケースや荷物を、空港⇔自宅(やホテル)で送ってくれるサービスです。

駐在妻として海外生活を始めてから、日本への一時帰国の際はいつも、このサービスにお世話になっています。

というか、空港宅急便なしには、やってけない…!

 

とても便利で、お値段も高くないのに、身の回りでも案外知らない人が多いんですよね。(灯台元暗し、夫が最近まで知らなかったことが判明…)

 

旅行の際にも、かなり頼りになるサービスです。

具体的な利用方法と注意点について、写真つきでご紹介します。

  • ▼ヤマトの空港宅急便って?
  • ▼対象の空港・料金
  • ▼送り方(写真付き)
    • ①空港の提携カウンターから、自宅(その他希望の目的地)に送るとき
    • ②自宅や最寄りのヤマト運輸から、空港の提携カウンターまで送るとき
  •  ▼お得に利用する方法

 

続きを読む

駐妻の一時帰国シリーズ たまの親孝行。親が喜んでくれること

一時帰国で2週間ほど帰省していました。

駐在妻としての海外生活も3年目に突入。

両親は幸い元気ですが、普段顔を見せることが出来ないぶん、帰省時にはなるべく濃い時間を過ごしたいなぁと常々感じています。

そこで今回は、「実際にやってみて、両親が喜んでくれたこと」をテーマに書いてみようと思います。

どれも些細なことなんですが、自分の備忘録として。

  •  ▼駐妻の一時帰国。両親が喜んでくれたこと
    • ①スマホを置いて、ゆっくり話をする時間を持つ
    • ②体力がいる家事を手伝う
    • ③普段、駐在先で食べているものを一緒に作り、食べる
    • ④旅行に出かける
    • ⑤スマホやインターネットの使い方の相談に乗る

 

続きを読む

結婚退職し扶養に入ってすぐに駐在妻に。どんな手続きが必要?忘れがちなことチェックリスト

前回の記事では、駐在・帯同が決まったら行う準備のうち、会社からのサポートが少ないパーソナルな手続き(役所などでの手続きなど、各自の「常識に委ねられている」項目)について、リストアップしました。

www.upgrading-skills.com

 

しかし、会社勤めをしている方が「結婚退職して扶養に入り、その後すぐに帯同する」場合、上記の項目だけでは足りず、他にも手続きがあります。

私はまさにこの状況で、退職日~渡航日までの2か月半の間に

1.帯同に向けた手続きを進めつつ

2.結婚式の最後の準備~挙式~式後にお祝い返しを各地に送る

3.渡航に向けた荷物を揃え、荷造りする

これらを同時進行でこなしていく必要がありました(毎日胃が痛かった…)

 

今回の記事では、1.のうち、「結婚退職して扶養に入り、その後すぐ帯同する」ことに伴う手続きについて、自分の時を思い出しながらリストアップします。

 

【本記事の内容】

◆「結婚退職して扶養に入った後すぐに帯同する」ことに伴う手続きのうち、暗黙の了解になっている(会社からのフォローが少ない項目)のリストアップ

◆各項目への対処法

-----

昨日の記事と併せて、チェックリストとして、お役立てください。

各項目の【】内で何に付随する手続きかを明記しています(結婚、退職、被扶養)

※昨日の記事に引き続き、会社勤めの配偶者に帯同するという想定で書いています 

  •  ▼結婚退職して扶養に入り、すぐ帯同する場合の手続き
    • ①【結婚】免許証、パスポート、銀行口座やクレジットカードの氏名変更
    • ②【被扶養】健康保険証の取得・厚生年金の種別変更(2号→3号)
    • ③【退職】雇用保険失業給付の受給期間延長申請
    • ④【退職】確定拠出年金に加入していた場合:手数料の安いiDecoへ資産を移管
    • ⑤【退職】住民税の納付
    • ⑥【退職】所得税の還付申告

 

続きを読む

駐在・帯同が決まった。事前準備は何すればいい? 忘れがちなことチェックリスト

旦那さんの駐在が決まった。自分も帯同する(ついていく)ことを決めた。

こうなったら、事前準備って一体何をしなきゃいけないの…?

これが、思いのほか沢山あるんですよね。

 

VISAの取得手続きや物件探し、引越し手続きなどは、旦那さんの会社からのサポートがあるかと思います。

しかし、パーソナルな手続き(役所や銀行での申請や必需品の準備など)って、特に案内がされないケースが多いと思うんですよ(私がそうでした…)

 

どうすればいいのやらと途方に暮れている方に向けて、私の経験からチェックリストを作成しましたのでご活用ください。

ひとつひとつ確実に片づけていきましょう~!

 ※会社勤めの配偶者に帯同するという想定で書いています

 

【本記事の内容】

◆駐在・帯同にあたって暗黙の了解になっている(会社からのフォローが少ない)項目のリストアップ

◆各項目への対処法

 

 

  •  ▼帯同が決まったらやること
    • ①予防接種
    • ②健康診断を受診、加療中ならばかかりつけ医に相談
    • ③パスポートの有効期限を確認、必要に応じ更新
    • ④運転免許証の特別更新・住所変更
    • ⑤クレジットカードの整理、新規取得
    • ⑥海外への転出届・マイナンバー付記
    • ⑦場合に応じて、海外旅行保険加入
    • ⑧SIMフリーのスマホ購入、現電話番号の保管手続き
    • ⑨赴任地の災害情報を確認、防災グッズを揃える
    • ⑩出国直前に戸籍謄本を取得

 

続きを読む

駐在妻の自己啓発問題。海外にいても情報に乗り遅れないためには?

駐妻生活中、時間はあるけど日本の最新の情報からどんどん遠ざかっていくようで不安…そんな悩みを持つ方もいらっしゃると思います。

帰国の日はいつかやってくる。日本で浦島太郎状態になりたくないですよね‥。

今はオンライン環境が整ってさえいれば、海外に居たって最先端の情報に触れられるし、同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨できるいい時代です。

 

今回ご紹介するのはいずれも、私が実生活で取り入れている/具体的に受講検討しているものです。

目的別、有料/無料でカテゴライズしているので、よかったら参考にしてください。

  • ▼教養やスキルを身に付けたい
    • ▽無料:JMOOCで大学教授の講義を受けよう
    • ▽無料:Youtubeで教養系のチャンネルを探してみよう
    • ▽有料:資格学校のオンライン学習で欲しい資格を狙い撃ち
    • ▽有料 :オンライン学習でプログラミングを学んでみる
  • ▼話題の本や作家の話が聞きたい
    • ▽有料:朝渋ONLINEで話題の本の著者の話を生で聴こう
  • ▼価値観が共通する誰かと切磋琢磨したい
    • ▽有料:SNS経由でオンラインサロンに入ってみる
  • ▼さいごに

 それでは、レッツゴー!

続きを読む

【保存版】駐在中の安全のために。情報が自動的に集まる仕組みをつくるには?

これから駐妻になる方へ、また駐在生活を開始して間もない方へ質問です。

安全管理どうしてますか?

安全管理・危機管理の要は、なんといっても「情報収集」です。

今回の記事は、旦那さんや旦那さんの会社任せにせず、駐妻が自ら家族のために行える情報収集というテーマで書いてみます。

  • ▼情報が自動的に入ってくる仕組みをつくろう
    • ▽超初級:外務省への在留届の提出、済んでますか?
    • ▽初級:Googleアラートをフル活用、情報は逃さない
  • ▼日本人が少ない国の場合は、さらに工夫が必要
    • ▽初級:現地ニュースメディアに毎日触れる
    • ▽中級:日本人学校の保護者向けの情報を共有してもらう
    • ▽中級:現地の友人をつくり、活きた情報をもらう
  • ▼危険予知能力=情報×その国についての基礎知識
    • ▽地球の歩き方、あらためて読んでみよう
    • ▽明石書店のエリア・スタディーズ シリーズ読むべし!べし!
  • ▼まとめ
続きを読む